【logicool】初めてのトラックボールマウスにおすすめ!Bluetooth対応のERGO M575をレビュー

普段ガジェットはネットで買うことが多いのだが、たまに実店舗をブラブラしに行くことがある。

最近も友人とパソコンコーナーを物色していて気になったものの一つがトラックボールだ。2,3年前ぐらいから気になってはいたものの、なかなか手を出すには至らなかったが、ついに今まで使用していたマウスが壊れた。

というわけでさっそくだが、購入したばかりのLogicoolのM575を紹介していこう。

ERGO M575の仕様

トラックボールって?

前型の発売から10年ぶりのアップデートされたトラックボールマウスであるERGO M575。そもそもトラックボールとは?という方に向けて、まずは簡単に説明しておこう。

トラックボールはマウスの一種である。光学式マウス(よくあるマウス)が本体を動かしてカーソルを操作するのに対し、トラックボールマウスは本体についているボールの部分を指で転がすことでカーソルを操作するマウスである。

 Logicool 公式ホームページ 

デザイン

名前にもある通り、このマウスはエルゴノミクス(人間工学)デザインで設計されている。長時間使用する事が想定されているパソコン関連の商品では、こういったデザインが取り入れられているのをよく目にする。

実際にこのマウスに手のひらをかぶせてみると、丁度いい自然な角度で手にフィットする。よく見ると普通のマウスとは異なり、かなり傾いているのがよくわかる。

背面にはオンオフのスイッチと接続切り替えのボタン、電池を入れる場所があり、カバー開けると接続に使用するレシーバーが収納されている。電池式ではあるが、省電力でBluetoothでは最大20ヶ月、レシーバーでは最大24ヶ月持続する。

サイズ

寸法は100mm×134mm×48mmで、成人男性の手のひらでちょうど全体を覆えるサイズ。市販されているマウスなんかと比べると、かなり大きいのがわかる。

マウス重量は145gほどでそこまで重くはないが、持ち歩くマウスとしては少しサイズが大きい。

Processed with VSCO with g6 preset

ワーケーションや出張で持ち歩くためのケースがサードパーティーから発売されているので、こちらも是非チェックしていただきたい。ただ、サイズが大きい分ので普段持ち歩くものとしてカバンの中に入れておくには厳しい気もする。

ボタン

ボタンは5つ装備されている。

左右クリック、ミドルクリック付きホイール。

戻る・進むボタンもついているのが地味にありがたい。

また、これらのボタンは logicool options という純正アプリによって配置を自分の好みに変更したり、スクロールの速度を変えたりできる。

接続方法と対応OS

接続方法は2.4 GHz USBレシーバーとBluetoothの両方が選べるようになっている。レシーバーを使用するにはUSBポートが必要となるが、裏面にあるボタンで変更することができるので最大2台のデバイスまで接続できる。

対応OSは以下の様になっている。

接続方法対応OS
BluetoothWindows 8, 10 以降
macOS 10.13 以降
iPadOS 13.4 以降
USBレシーバーWindows 7,8,10 以降
macOS 10.13 以降

筆者はレシーバーをMacに、BluetoothをiPad Proに接続している。基本的にMacのみで使用しているので、接続機器を変更することはあまりないが、iPadまで手をのばすのがめんどくさいときなどには積極的に使用している。

ERGO M575を買った理由

安っぽくないカラーリング

デスク環境を整えるにあたって白いガジェットで揃えたかったという想いがあったが、なかなか白いカラーリングがラインアップされているものはあまり多くない。実際にAmazonなどで探してみると、上位機種になるにしたがって黒いカラーリングのみしか販売されていなかったりする。

今回購入を検討していた、同じLogicoolのMX ERGOにはブラックしかなかったため選択肢から外した(本当は値段で手を出せなかった)。

他にも白いトラックボールもあったが、白の具合や素材感にチープさが出てしまっていたりした。その分M575は素材感も安っぽくなく白の感じも良かったのでとても気に入っている。

ただボール部分がブルーなのはあまり気に入っていないので、グレーのタイプを購入して交換しようと思う。

腱鞘炎予防と肩の負担の軽減

オンライン授業でほとんどの授業がパソコンを使用した作業になっていたため、肩や腕周りにもダメージが溜まっていた。トラックボールは光学式のマウスとは違い、本体を動かすことがほとんどないので腱鞘炎や肩こりの軽減になるらしい。

キーボードとマウスの間を移動しなくてはならないので、結局は手を動かさざるを得ないだろう。しかし、手と腕と天板の接地面積が多くなる分、無意識に使用していた筋肉を使わなくて済むし、腕の筋肉をリラックス状態にできる。

デスクのスペース削減

マウス本体を動かさなくてよいので、いままでマウスを動かしていたスペースが必要なくなる。また、マウスパッドが不要になるのも嬉しい。

置き場所を選ばなくなったということは、膝の上やベッドの上など、作業できる環境が増えたことになる。

2年間の保証

ガジェットを長い期間使用していると調子を崩したり、使用できないくらいの不具合が出ることがある。毎日使うようなマウスやキーボードに不調が出ると作業効率が落ちてしまう。そういったものを購入するときは、なるべく保証期間が長いものを購入するようにしている。

実際過去にLogicool製のキーボードを使用していて1年半年たったぐらいで、不具合が出たことがある。その時もすぐに変わりのものと交換していただいたことがあるので、Logicoolには安心感があった。

まとめ:一度使ったら癖になる操作感。

といわけでLogicoolのトラックボール M575をレビューしてみた。まだ購入してからの日が浅いので、使いづらさを感じる側面はあまりないので、しばらくしたら長期レビューを上げてみたいと思う。

ネットの記事やYouTubeの動画を見ているとトラックボールはなれなかったので手放したと言ったものを目にしていたので心配していた。だが、操作して、設定を見直ししたりの繰り返しをして30分位である程度慣れることができた。

想像していた以上に使い勝手がよく、慣れるとここまで病みつきになるガジェットはなかなかないだろう。マウスの買い替えを考えている方、トラックボールに興味がある方はぜひ検討してみていただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA