アロマが香るBRUNOのノスタルアロマランプをレビュー

照明が部屋の雰囲気を決める。

照明の色や光量によっても、リラックスしやすかったり作業に集中しやすくなったりする。気分が大きく変わるものでどんな照明を使うのかは、自分を管理する上でも重要な要素。

Processed with VSCO with m3 preset

僕の寝室兼作業部屋の照明は3つあり、そのうち2つは光温度と光量を操作できる。これらの照明は時間帯や何をするかによって調節をしているが、残りの一つはそういった機能が搭載されていない。

今回紹介するのが残りの1つである『ノスタルアロマランプ』。エジソンバルブなので光温度や光量の調節はできないが、寝る前の時間をより楽しむのに非常におすすめなのでこのブログでも紹介しようと思う。

created by Rinker
イデアインターナショナル
¥5,939 (2022/10/04 23:02:26時点 Amazon調べ-詳細)

ノスタルアロマランプとは

BRUNOといえばおしゃれなインテリアや家電を取り扱っていることで有名なメーカー。最近ではショッピングセンター内でも取扱っているお店もあり、この家電おしゃれだなって思って調べるとだいたいBRUNOであることが多い。

そんなBRUNOが取り扱っているノスタルアロマランプ。さっそくではあるが写真とともにデザインを見ていこう。

BRUNO公式オンラインショップ

デザイン

このノスタルアロマランプは本体とエジソンバルブ、ガラスカバーから成っている。

エジソンランプに関しては交換できるものが販売されているが、ガラスカバーには交換品を取り扱っていないので割らないように注意が必要だ。

created by Rinker
イデアインターナショナル
¥880 (2022/10/04 23:02:26時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはカラーがダークウッドのモデルで、他にもピンクゴールドやシルバーのモデルも販売されている。

正面にはBRUNOの刻印がはいっている。欲を言えば目立たないところにしてほしかった。

サイズは高さが165mmで直径が105mmでデスクやベッドサイドにおいておくのにはぴったりなサイズ。

使い方

使い方は簡単で本体にエジソンバルブを差し込み、上からガラスカバーをかぶせてアロマランプを2,3適垂らすだけでOK。

エジソンバルブの熱でアロマオイルが温められ、オイルが蒸発するというシンプルな仕組み。

無印良品などのアロマディフューザーと違って水を使用しないので、部屋の湿度が上がらず夏でも快適に使用することができる。

僕はデスク上に配置して使用しているが、電源スイッチのオンオフがめんどくさいのでスマートプラグに接続して自動で点灯するようにしている。

ノスタルアロマランプを使用してみた感想

アロマオイルを節約できる

アロマオイルの量も2,3適でいいので、使用するアロマオイルの量も少なくて済む。2,3適でだいたい2時間位はアロマオイルの香りを楽しむことができる。

アロマオイルって意外と値段が高いので、少ない量で香りを楽しめるのはありがたい。

ホコリが目立つ

意外とホコリが目立つので、頻繁に掃除しないとすぐに汚くなる。蒸発したアロマオイルもこびりついてしまうので、他の製品と比べるとメンテナンスの頻度は高い。

アロマオイルの汚れは、洗剤やお湯ではなくアルコールを付けてこするとすぐに落ちる。消毒用のアルコールでもきれいになった。

まとめ:ベッドサイドからデスクまで

というわけで今回はBRUNOのノスタルアロマランプを紹介してみた。

メンテナンスの頻度が高いのが難点ではあるが、素材がガラスのためアルコールで拭き取ればすぐきれいになる。火や水を使わずに使用できるので、火災やこぼしたりする心配もない。

寝る前の雰囲気作りにおすすめなので、ベッドサイドの照明などを探している方はぜひ検討してみてほしい。

created by Rinker
イデアインターナショナル
¥5,939 (2022/10/04 23:02:26時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA