手に馴染むミニマルなデザイン。真空断熱セラミックタンブラー『STTOKE』を使ってみた [PR]

ティータイムを一秒でも長く過ごせるかも。

「STTOKE」はオーストラリア生まれの真空断熱タンブラー。2018年にはGOOD DESIGN AWARDS AUSTRALIA 2018金賞を受賞しています。

ミニマルで手に馴染むデザインはもちろんのこと、保冷・保温の機能面も高いことから評価されているのでしょう。それでは早速紹介していきたいと思います。

公式サイトからチェック

手に馴染むミニマルなデザイン

僕が使用しているのはエンジェルホワイトという艶有りの白。

「STTOKE」は底から飲み口にかけて広がっているのでよく手に馴染む。円筒形のボトルよりも楽に持てるし、手から滑り落ちづらくなっているのも嬉しいポイント。

持ちやすいだけではなく、飲みやすくもある実用的な設計がされているそうだ。

余計な装飾もなく正面にある「STTOKE」というロゴだけのシンプルなデザイン。

カラーの展開も豊富で自分の好みのカラーが選べるようになっている。

底面にはゴムシートがはめ込んであるため、滑りづらく机に置く音もかなり静か。

フタ部分には二重構造のゴムパッキンが使用されていて、ちょっとやそっと倒したくらいでは飲み物はこぼれない。ただ、長時間横向きにかばんの中に入れておくと液漏れの原因になるので注意が必要。

匂いが気にならないセラミックコーティング

コーヒーやスポーツドリンクなどをステンレス製のボトルに入れておくと気になるのが金属臭。酸性度が高い飲み物などを入れておくと、どうしても金属臭さが気になって飲み物の味が台無しになることも少なくない。

かと言って味を気にしてマグカップやグラスを使用すると、すぐに温度が変わってしまったり結露が出たりする。特に結露はスマホやパソコンが濡れてしまうのではないかと悩みのもとにもなる。

「STTOKE」ではステンレス素材の本体の表面にセラミックコーティングがしてあるため、飲み物本来の味や香りを楽しむことができる。

最後の一口まで楽しめる保温・保冷機能

デザインもさることながら、二重断熱構造で保温・保冷機能も優れている。

温かい飲み物では温度低下は10分で2℃、冷たい飲み物では温度上昇は6時間で2℃となっている。そのため保温では3時間、保冷では6時間楽しむことができる。

カフェのマイボトルにもおすすめなサイズ

写真はLサイズのタンブラー

「STTOKE」にはSサイズとLサイズの2サイズがあり、それぞれがスターバックスなどの大手カフェチェーンのサイズにピッタリあう。そのためマイボトルとして持ち込めば、このボトルで美味しい飲み物を楽しめる。

紙やプラスチックを使わずに環境に優しく、更に長時間美味しい温度でのむことができる。

サイズ一覧

S サイズ (236ml):11.4cm x 5cmx 8cm,166g 
Lサイズ (355ml):14.4cm x 6cmx 8cm, 222g 

まとめ

今回はオーストラリア発の真空断熱タンブラー「STTOKE」を紹介した。

デスクで仕事や勉強をしていると集中するためにコーヒーや紅茶を飲むことがあるので、これからの季節寒くなるにつれて活躍する機会が増えていくだろう。

コーヒーや紅茶好きの方にはとてもおすすめできるアイテムだ。気になった方は是非チェックしていただきたい。

公式サイトからチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA