国産RAW現像ソフトSILKYPIX Developer Studio Pro11を使ってみた_PR

SILKYPIX Developer Studio Pro11とは

SILKYPIXは市川ソフトラボラトリーから発売されているデジタル写真現像ソフトになります。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を高画質に編集でき、カメラメーカー各社800機種以上に対応した国産写真編集ソフトです。カメラ購入時に同梱されているソフトウェアとして見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なかでもSILKYPIX Developer Studio Pro11は新しいRAW現像エンジンソフトを搭載しており、従来のソフトよりもより高い解像度を実現した最上位のモデルとなります。

SILKYPIX Developer Studio Pro11を使ってできること

今回はSILKYPIX Developer Studio Pro11の中でも特に便利な機能について紹介して行きたいと思います。

次世代画像情報の利用

不要物の除去

帰宅して撮影した写真を確認していると、どうしてもいらないものが写り込んでしまうことありますよね?

本ソフトでは画像内の不要物をブラシでなぞることで除去できる修正ブラシを搭載しており、元画像をそのままコピーするブラシと不要物の周辺の景色に馴染むブラシの2種類を搭載しています。

そのため、いらないものが写り込んでしまった画像でも2種類のブラシを使い分けることで自分の思い描いた画像を現像することができます。

ファインカラーコントローラー

被写体の色変換も細かく調節することが可能です。

より細かく色変換できる詳細モードを搭載しているため、被写体の色味をより映える色味に変更することも可能です。

部分補正ツール

画像全体ではなく一部分だけ明瞭度やシャープの編集も部分補正ツールを活用することで可能になりました。

画像上の範囲を選択することで、選択範囲にのみ明瞭度とシャープの編集することができるため、ボケている部分はそのままに、被写体だけくっきりした写真を現像することができました。

オートホワイトバランス

ホワイトバランス調整もオートで調節することができます。

まとめ

今回は市川ソフトラボラトリーから発売されている国産RAW現像ソフトSILKYPIX Developer Studio Pro11を紹介しました。

カメラを始めたばかりの初心者から上級者までにおすすめできる画像編集ソフトです。

気になった方はこちらよりチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA